ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、振幅の度合いを測定するオシレータ系のテクニカル指標で、過去における高値、安値と当日終値を比べた数値です。0〜100%の数字で表され、70〜80以上が買われ過ぎ、20〜30以下が売られ過ぎと判断されます。短期線(%K)、中期線(%D)、長期線(%SD)の3本の線を用いて売買サインを探ります。

例えば、ストキャスティクスが20%以下の時、SK線がSD線をゴールデンクロスした時は買いサインと見ることができたり、反対に80%以上の時、SK線がSD線をデッドクロスしたので売りサインと判断したりします。

ストキャスティクスの種類

以下の2種類のストキャスティクスがあります。それぞれ売買シグナルの出方に違いがあり、トレード手法によって使い分けすることが考えられます。

【ファスト・ストキャスティクス】
20〜30%程度の低水準の時、%Kが%Dを上抜け時に買いシグナルとなります。逆に70〜80%の高水準エリアで%Kが%Dを下抜け時は売りシグナルとなります。売買サインが多く出る反面、だましも多くなります。超短期トレード向きの指標で、ダマシ対策として徹底した損切りをする必要があります。

【スロー・ストキャスティクス】
20〜30%程度の低水準の時、%Dが%SDを上抜け時に買いシグナルとなります。逆に高水準エリアで%Dが%SDを下抜け時は売りシグナルとなります。売買シグナルが出る回数は多くありませんが、ファスト・ストキャスティクスよりは精度が高いです。超短期トレードというよりはスイングトレード向きと言えます。

一般的に、ファースト・ストキャスティクスは乱高下が激しい分ダマシが多いので、スロー・ストキャスティクスで売買サインを判断するのが良いとされています。

・MACDとの併用
スロー・ストキャスティクスで買いシグナルが出た後、MACDでシグナルが出たら、ようやく買いに向かうというのも1つの手法です。

ストキャスティックスで比較する人気チャートランキング

オシレータ系指標のストキャスティクス。トレンド系の指標を併用したりすることで、売買サインの精度を高めよう!まずはチャート機能が優秀なFX会社ランキングで徹底比較を!

FXプライム byGMO
チャートツール 米ドル円
スプレッド
最大レバレッジ 通貨ペア数 初回入金額
0.6銭原則固定 25倍 14通貨ペア 1万円
FXプライム byGMOFXプライム byGMO ぱっと見テクニカル
FXプライム byGMOの高機能取引ツール「ぱっと見テクニカル」はFX初心者から中・上級者まで簡単操作で為替相場の将来の値動きを自動表示!一目で瞬時に「ぱっ」と予測する画期的なチャートツールです!


>>FXチャート人気ランキングをすべて見る