RSI

RSIとは、相対力指数と呼ばれるオシレーター系指標の一つです。有名テクニカル・アナリストのW・ワイルダー氏によって開発されました。0〜100までの数値で表され、過去における一定期間変動幅の上昇分の割合から測定します。数値が20〜30以下だと「相場の売られ過ぎ」、70〜80以上だと相場の買われ過ぎ」と判断できるとされています。

RSIは、逆張り的なトレード手法に向いている指標なので、強いトレンド相場には、ダマシなどが見られるなど弱点があります。トレンド系のテクニカル指標を見ながら順張りトレンドフォローできる技術も身につけておく必要があります。

RSIで比較するチャート人気ランキング

レンジ相場時に適した指標と言われているのがRSI。やはりレンジ相場の上限や下限を見極める目安としてみるのも面白いかもしれません。チャート人気ランキングでお気に入りの業者を見つけましょう!

FXプライム byGMO
チャートツール 米ドル円
スプレッド
最大レバレッジ 通貨ペア数 初回入金額
0.6銭原則固定 25倍 14通貨ペア 1万円
FXプライム byGMOFXプライム byGMO ぱっと見テクニカル
FXプライム byGMOの高機能取引ツール「ぱっと見テクニカル」はFX初心者から中・上級者まで簡単操作で為替相場の将来の値動きを自動表示!一目で瞬時に「ぱっ」と予測する画期的なチャートツールです!


>>FXチャート人気ランキングをすべて見る