MACD

MACDはMoving Average Convergence and Divergenceの略でマックディーと呼ばれ、指数平滑移動平均というものが用いられているオシレーター系指標です。オシレーターとは、日々の値動きから、株価の水準とは無関係に振幅で視覚化し、売りや買いのシグナルを表す指標のことです。MACDの表示設定の際には「12」「26」「9」の3つの数値を入力し設定します。

MACDを見るとトレンドの転換や現在の相場の方向性がわかりやすくなるとされています。MACDが下からシグナルを上抜いたときが買いサインとなり、シグナルを上から下抜いたときが売りサインとなります。また、中心を超えたら買いサイン、中心をした抜けたら売りサインとしてみることもできます。ほとんどのFX会社ではMACDを標準装備しています。

MACD(マックディー)で比較するチャート人気ランキング

相場に絶対はありませんが、MACDは相場状況を把握するのに役立つオシレーター系指標としてM有名です。MACDの長期間の推移を分析すると相場転換のサインや兆候を見極めやすいと言われています。高機能で使いやすいチャート比較ランキングでFX会社をチェック!

FXプライム byGMO
チャートツール 米ドル円
スプレッド
最大レバレッジ 通貨ペア数 初回入金額
0.6銭原則固定 25倍 14通貨ペア 1万円
FXプライム byGMOFXプライム byGMO ぱっと見テクニカル
FXプライム byGMOの高機能取引ツール「ぱっと見テクニカル」はFX初心者から中・上級者まで簡単操作で為替相場の将来の値動きを自動表示!一目で瞬時に「ぱっ」と予測する画期的なチャートツールです!


>>FXチャート人気ランキングをすべて見る