ボリンジャーバンド

ジョン・ボリンジャーという人が開発したテクニカル指標のことをボリンジャーバンドといいます。統計学を使って相場の方向性や現在の状態を判断するのに用いられます。

ボリンジャーバンドとは、移動平均を中心として上下に線を引くものです。線は標準偏差が使われ、ほとんどの価格がその上下の線の間のバンド内に収まります。上下の線の中に価格が納まる確率は、中心から一つ目の線(1標準偏差:1σ)を越えるのが統計学的に64%、二つ目の線(2標準偏差:2σ)をこえるのが95%程度です。2標準偏差を超えバンドから飛び出したところを売買サインとするなどして取引の判断に使用します。トレンド転換点と見て順張りしたりします。特にレンジ相場の時には値をもどすことが予測されので逆張りするのが有効な売買手法になります。

ボリンジャーバンドで比較する人気チャートランキング

ボリンジャーバンドは代表的で初心者の方でも理解しやすいテクニカル指標です。相場の勢いを把握しやすく、今や当たり前のようにチャートに設定しているトレーダーも多いです。まずはボリンジャーバンドを使用できる人気FX会社を徹底比較しましょう!

FXプライム byGMO
チャートツール 米ドル円
スプレッド
最大レバレッジ 通貨ペア数 初回入金額
0.6銭原則固定 25倍 14通貨ペア 1万円
FXプライム byGMOFXプライム byGMO ぱっと見テクニカル
FXプライム byGMOの高機能取引ツール「ぱっと見テクニカル」はFX初心者から中・上級者まで簡単操作で為替相場の将来の値動きを自動表示!一目で瞬時に「ぱっ」と予測する画期的なチャートツールです!


>>FXチャート人気ランキングをすべて見る