“線”を意識することが最重要の一つ

FXでチャート(値動きのグラフ)を見る人と見ない人が居るのだが、実はどちらのタイプでも必ず「線」というものを意識している。

例えば、もしも米ドルが現在1ドル82円だとする。この先どうなるのか。未来は誰にも分からない。そもそも予測したところで余り意味がない事が多いのだが。

しかし、「もしもこうなったら、こうする」という計画を立てる事はできる。例えば、米ドルが83円台を突破して83円20銭を記録した時。明らかに先ほどの値段よりは上がっている。そして、83円というキリが良い数字を突破したのだから、ある意味「重要なハードルを越えた」とも言える。これが先ほど書いた「線」である。

そして、上がるのか下がるのかを常に意識する。まず、ある線をしっかり越えたという事はそれだけ価格上昇の勢いがあることを意味する。つまり、これだけ勢いがあるなら上り調子だろうという考えがある。

節目を意識して相場分析するだけで目の付け所がかなり変わってくる

逆に、下がると言う人の主張はどうか。83円台というのは極めて高いハードル。一旦はここまで上がってきたが、そろそろ上がりすぎだから下がって来る可能性があるだろうとの考え。

実は、正解はどちらとも言えない。ただし、「線」の意味が強いことだけは間違いない。重要な節目を記録しているので、どちらかの方向に大きく動いていく。それも、結構な勢いで。

つまり、普段のFX取引でこのような節目や線を意識しているだけでも、目の付け所が変わってくると言えよう。これは、チャートを見ない人でも意識をしている事が多い。それが「値ごろ感」であるにせよ、83円台などの線はかなり重要だなとは考えているものなのである。

すなわち、重要な「線」に指値などの予約注文を入れておくだけでも、かなり取引の精度は違ってくるのではなかろうか。

チャートに定評!人気のFX会社ランキング

チャートシステムに定評があり高機能取引ツールとして評判のFX会社をランキングで比較しました。

FXプライム byGMO
チャートツール 米ドル円
スプレッド
最大レバレッジ 通貨ペア数 初回入金額
0.6銭原則固定 25倍 14通貨ペア 1万円
FXプライム byGMOFXプライム byGMO ぱっと見テクニカル
FXプライム byGMOの高機能取引ツール「ぱっと見テクニカル」はFX初心者から中・上級者まで簡単操作で為替相場の将来の値動きを自動表示!一目で瞬時に「ぱっ」と予測する画期的なチャートツールです!


>>FXチャート人気ランキングをすべて見る